2020年3月15日(月)オープン戦 広島 – ソフトバンク

予定されてたオープン戦は今日が最終日、森下暢仁投手が先発しました。 ここまで開幕に向け順調にアピールをし、結果も出してきている森下投手の投球に注目していました。 今日は、カーブのコントロールに苦しみチェンジアップを多投していたように見えた。あまいチェンジアップ、ストレートをソフトバンク打線は見逃すことなく捉えていた。コントロールの良い投手であるため、四球で崩れることはない。しかし今日は真ん中付近にボールが集まりすぎ、逆球も多かった。大物ルーキーとはいえ、ファンの期待が大きすぎて重荷にならなければよいが。力感のないフォームから150kmを投げ込むところは、気持ちいい。 打線は、いいところゼロでした。初回先頭打者の田中広輔のセンター前のみで1安打だけ。まさかこの一本だけとは。だれかを褒めたいが今日はだれもいません。 西川龍馬は5kg体重が増えたとアナウンサーがいってました。今年は長打力に期待したか!!     菊池の女性トラブルは、大丈夫だろうか。 芸能人同士で付き合うのは、変なことするとお互いリスクがあるから、ヘッジの意味があるらしい。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です